プレスリリース

水害等による被災機器の取扱いに関する確認事項 2011/04/07

水害等による被災機器の取り扱いにつきまして、以下のお知らせが日本歯科器械工業協同組合から届きましたので掲載いたします。

【電源投入時の注意】

1.電気を使用する機器が浸水又は水(海水を含む)をかぶったものは、
絶対に電源を入れないでください。火災、爆発等の発生や感電、漏電等の
可能性があります。

2.浸水や水をかぶっていない機器類の電源を投入する場合でも、安全性
確認できない時は修理業者に依頼し、絶縁及びアース接地等の安全が
確認された後、使用者の判断によって電源を入れてください。

3.緊急対応として、やむを得ず修理業者に依頼して機器の基板類や電気
部品を水洗・乾燥後、時的に機能を回復させて使用される場合でも、
患者さんごとに「日常点検」を行った後に使用してください。
機器の日常点検で安全性の確認をせずに使用した場合は、患者さんへの
健康被害や医療事故発生する恐れがあります。
一定時間経過後に絶縁不良や断線を起こし、火災、ショート、動作異常等を引き起こす可能性がありますので、なるべく早い時期にメーカの指示する基板類やコネクタ、トランス、モータ、油圧ポンプ、リレー、コンデンサ及配線等の電気部品は交換を依頼してください。

4.必要な電気部品が交換されずに電源を入れた場合は、機器類から煙、異臭、異音及び異常動作等がないか監視してください。
異常が生じた場合には速やかに電源を切り、コンセントからプラグを抜いてください。
また機器類から離れる場合にも電源を切り、コンセントからプラグを抜いてください。
プラグがない機種の場合には配電盤のブレーカを切ってください。

【感染・塩害等の予防】

5.泥水等が入り込んだ空気や水の管路(ユニット、ハンドピース、コンプレッサ及び床下配管等)は、そのまま使用すると感染症を引き起こす可能性があります。
必ず消毒・滅菌又は交換した上でご使用してください。

6.鋼製器具は真水で十分に洗浄後、滅菌・乾燥してご使用下さい。塩水にさらされた鋼製器具は一定時間経過後に錆びや腐食が発生することがあります。
ハンドピース類は、修理業者・メーカによる分解掃除後、給油・滅菌してご使用ください。

日本歯科器械工業協同組合:日歯器協発第10-57号より

さらに詳細情報をご要望の方は下記までご連絡ください

デンツプライシロナ株式会社
東京都中央区銀座8-21-1 
住友不動産汐留浜離宮ビル5階
TEL: 03-5148-7895
FAX: 03-5148-7820
www.sirona.co.jp

About Dentsply Sirona, Inc.

私たちデンツプライシロナは、世界をリードする歯科医療機器専門メーカーをめざします。デンツプライシロナは、歯科医療用(CEREC)およびラボ用(inLab)CAD/CAMシステムから、ハンドピース、ハイジーンシステム、トリートメントセンター、X線システムまで、幅広い歯科医療機器の開発・製造を手がけています。デンツプライシロナがめざすものは、よりよい診療と患者さんの満足のために、使いやすさと高い費用対効果を備えた高性能機器をお届けすることです。これにより、デンツプライシロナはさまざまな場面での対応を実現し、より良い歯科診療の実現に向けてお手伝いいたします。

This information and any attachment thereto contains forward-looking information about Dentsply Sirona, Inc.'s financial results, guidance and estimates, business prospects, and products and services that involve substantial risks and uncertainties or other factors that may cause actual results, performance or achievements to be materially different from any future results, performance or achievements expressed or implied by such forward-looking statements. You can identify these statements by the use of words such as "may," "could," "estimate," "will," "believe," "anticipate," "think," "intend," "expect," "project," "plan," "target," "forecast", and similar words and expressions which identify forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Such statements are not guarantees of future performance and involve known and unknown risks and uncertainties, and other factors. Readers are cautioned not to place undue reliance on such statements, which speak only as of the date hereof. For a discussion of such risks, uncertainties and other matters that could cause actual results to differ materially, including risks relating to, among other factors, the market for dental product and services, pricing, future sales volume of the Company's products, the possibility of changing economic, market and competitive conditions, dependence on products, dependence on key personnel, technological developments, intense competition, market uncertainties, dependence on distributors, ability to manage growth, dependence on key suppliers, dependence on key members of management, government regulation, acquisitions and affiliations, readers are urged to carefully review and consider various disclosures made by the Company in its Annual Report on Form 10-K and in its reports on Forms 10-Q and 8-K filed with the U.S. Securities and Exchange Commission. The Company assumes no obligation to update any forward-looking statements contained in this document or the attachments to reflect new information or future events or developments after the date any such statement is made.