SICAT Function

SICATは3Dソリューションの開発に特化している会社です。画像診断に伴う視覚情報をフルデジタル化するために、SICATは様々な研究開発を行い製品化しています。インプラント用サージカルガイドもSICATが提供しています。

SICATのモットーは“Every case counts”です。要は、顧客(歯科医)のニーズをよく理解し、適切な個別対応を行っています。安価で安心なインプラント用サージカルガイドや治療用アプライアンスを提案できることにより満足度の非常に高い評価をいただいております。

 

顎関節症治療

SICATが提案しているSICATファンクションではリアルな顎運動データを使用した迅速なデジタル診断および治療が可能となりました。
SICATファンクションでは、顎関節症の診断および治療計画に必要な統合型な3Dワークフローをご提供します。
患者様固有の顎関節(下顎頭と関節窩)の特異的な位置やリアルな動きを明示して、目標とする顎関節の治療を実現できます。

 

SICAT ファンクションの特長

  • 顎運動と下顎頭-関節窩間の立体的関係(GALILEOSでのCT撮影)
  • 患者様固有の顎の動きを解剖学的構造を基にリアルにトレース
  • 正確な画像(解剖)データとリアルな動きを、デジタル化により再現性の高い3Dデータとして利用
  • SICATオプチモーション:世界初!フルデジタル化された治療用アプライアンスのご提供

 

SICAT ファンクションのワークフロー

「光学印象データ、CB-CTデータ、顎運動データ」を融合することにより顎関節症の診断を行います。
治療までの簡単なワークフローを実現することができます。

  • CERECによる光学印象の採得(上・下顎)
  • GALILEOSによるCT撮影(※フュージョンバイトプレート装着)
  • SiCAT JMT+(ジョーモーショントラッカー)による顎運動データの記録
  • SiCATファンクション ソフトウェアでデータを融合し診断
  • 治療のためのアプライアンスの注文、製作

 

 

More about SICAT at www.sicat.com