CEREC Omnicam で簡単スキャン

抜群の操作性、パウダーフリースキャン、フルカラーの3Dイメージ!デジタル光学印象は、簡単、直感的でエルゴノミクス(人間工学的)に基づいています。

フルカラーで表示することで患者さんにも理解しやすくカウンセリングにも有効です。

CEREC Omnicamの利点
  • 抜群の操作性
  • パウダーフリースキャン
  • フルカラーの3Dイメージ

CEREC AC and Omnicam

 

パウダーフリースキャン

CEREC Omnicamは窩洞、支台歯および歯肉の光学印象に適したパウダーフリースキャンです。カメラを任意の位置にかざすだけで、自動的にスキャンが始まります。パウダー噴霧が不要になったことにより、スキャン工程を習得しやすくなりました。全顎、片顎を従来よりもさらに便利に、さらに迅速にスキャンすることができます。

抜群の操作性による利点
スムースなアクセス

CEREC Omnicamは使用者の手にしっくりとなじみます。スリムなデザインとコンパクトなカメラヘッドにより、臼歯部へもスムースにアクセスできスキャンすることができます。上顎と下顎を一連の動作によりエルゴノミクス(人間工学)的にスキャンすることができます。

シームレスなスキャン工程

スキャニングは歯牙の上部でカメラをスムーズに動かすだけ。データは連続的に3Dモデルに生成されます。連続したスキャン工程により優れた被写界深度が得られます。いつでもスキャンは中断、再開することができます。

フルカラーの正確な3Dスキャン

フルカラーの3D画像で再現される歯牙モデルはすばらしいものです。この直接的かつリアルなフィードバックにより、口腔内を理解しやすくなります。また、アマルガムやゴールド、コンポジットを見分けることができます。

臨床的に、歯肉と支台歯辺縁を明確に区別することができます。

効果的なカウンセリング

CEREC Omnicamにはさらに大きな利点があります。患者カウンセリングモードでは、ビデオクリップを記録し、患者さんへの説明として画像を提示することも可能です。歯牙と歯肉をリアルに映像化することにより、患者さんに治療の必要性を納得していただくことができるでしょう。患者さんはさらに簡単に治療提案を理解し、受け入れることができます。

 


CEREC Bluecam でスキャン:精度と使いやすさを見直しました

簡単操作、十分に試験を重ねたBluecam技術、迅速な単一画像採得。世界中の数多くのユーザーがCEREC ACとCEREC AC Bluecamを日常的に使用しています。CEREC Bluecamを使うと、パウダリングした歯の表面をわずか数秒でスキャンすることができます。このカメラはきわめて高精度かつ効率的であり、特に単歯修復に適しています。

CEREC AC  Bluecam
  • 高精度、多数の臨床実績
  • 簡単操作
  • パウダリングされた表面を迅速に採得

CEREC AC and Bluecam

 

CEREC Chairside

オートキャプチャ機能

カメラは自動的に適正露出を検出します。撮影部位の上でBluecamを少しずつ動かすだけで1/4顎を1回の操作で採得できます。

手ブレの解消

内蔵された手ブレ検出システムがカメラの静止状態を一瞬で把握し静止状態のみをキャプチャします。さらに連続性のない画像は自動消去します。

chairside dental shooting

chairside software

優れた被写界深度

青色LEDの採用により、操作性を高く保ちつつ鮮明な画像を再現できます。口腔内の見えにくい領域の光学印象も迅速かつ簡単に採得できます。

 


CEREC OmnicamとCEREC Bluecamの比較

特徴 ビデオ形式 カメラ形式
画像技術

連続のカラー画像

連続してデータを収集することにより3Dモデルを作成

単一画像・コマ撮り

数枚の単一画像を組み合わせて3Dモデルを作成

適用範囲 単歯、片顎、全顎。スキャンエリアが広い場合には特にパウダーフリーが有効 単歯、片顎(全顎も可能
寸法 全長: 228 mm
カメラスリーブ長さ: 108 mm
カメラヘッドの高さと幅: 16 mm
全長: 206 mm
カメラスリーブの長さ: 86 mm
カメラヘッドの高さと幅: 22 x 17 mm
重量 313 g 270 g
撮影距離/被写界深度 歯牙の表面から0~15 mmでカメラ動かします。 カメラを直接歯の上に置きます。
ミリングユニットと組み合わせ可能
患者カウンセリングモード  
カラー3Dスキャン  
パウダーコーティング不要  
利点
  • 抜群の操作性
  • パウダーフリースキャン
  • フルカラー3Dイメージ
  • 高精度、多数の臨床実績
  • 簡単操作
  • パウダー噴霧した歯牙を迅速に光学印象採得

CERECミリングシステム:高精度・高速・低ノイズ

CERECシステムの構成内容はいずれも、デジタル印象採得から最終修復物のミリングまで、プロセスのトータルコントロールが可能です。

セラミックブロックを取り付け、スタートボタンを押すだけです。この6軸ツインバー加工システムの能力は、臨床応用で何度となく立証されています。CEREC MC, MC XおよびMC  XLプレミアムは、セラミック修復物を高精度・高速加工します。ミリング加工に先立ち、ソフトウェアが自動的にミリングバーを測定し摩耗を補正します。いずれのCERECミリングユニットもコンパクトなので設置場所を選びません。たとえば、患者がミリング加工を見ることができる場所に設置することもできます。多様化する患者ニーズにも3つのラインナップでお答えします。

CEREC MC、CEREC MC X、CEREC MC XLプレミアム

クリニックのスタイルに合わせてエントリーモデルからプレミアムモデルまで3つのミリングユニットをラインナップ。様々なCAD/CAMマテリアルをミリングすることができ、多様化する患者ニーズにマッチします。

修復物のミリング工程を見れることは患者心理を魅了します。

 

CEREC MCを用いたミリング:
単冠修復専用

CEREC MCのアドバンテージ:
  • フルアナトミカル単冠修復物に対応
  • 最大ブロック直径20 mm
  • イニシャルコストを抑えたエントリーモデル

インレー、アンレー、クラウン、ベニヤのいずれにも -チェアサイドマテリアルの幅広い選択肢から、最大ブロック直径20 mmの単冠修復物を製作することができます。

CEREC MCがあれば、正確な修復物を魅力的な価格で実現できます。クラウン製作にかかる時間は約17分です。


CEREC MC Xのアドバンテージ:
  • あらゆるチェアサイド用途、単冠修復に対応
  • ブロック直径40 mm
  • ラボサイド用途に拡大可能

インレー、アンレー、クラウン、ベニヤのほか、ブリッジ※、アバットメント※を切削することができます。ミリングユニットCEREC MC Xは正確で迅速です。クラウン製作にかかる時間はわずか約11分です。

CEREC MC Xを用いたミリング:

CEREC MC XLプレミアムを用いたミリング
あらゆるチェアサイド・院内ラボの用途にご使用ください
CEREC MC XLプレミアムのアドバンテージ:
  • あらゆるチェアサイド用途、院内ラボの用途に対応
  • ブロック直径85 mm
  • タッチディスプレイおよびモーター4台を搭載したハイエンドモデル

インレー、アンレー、クラウン、ベニヤ、ブリッジ、アバットメントをミリングすることができます。すべてのCAD/CAMマテリアル*(セラミック、ポリマー、酸化ジルコニウム、メタル)を使用することができ、モーター4台による快適さとタッチディプレイの使いやすさをお楽しみいただけます。


CERECによる製作内容:

特徴
CEREC MC CEREC MC X CEREC MC XL
プレミアム
製作可能な修復物 フルアナトミカル単冠修復 単冠修復および テンポラリー  ブリッジ 単冠修復およびロングスパンテンポラリーブリッジ ジルコニアフレーム各種
切削精度 +/-25 µm +/-25 µm +/-25 µm
最大ブロック直径 15,5*19*20mm 15,5*19*40mm 22*40*85mm
CERECソフトウェア4.3
フルアナトミカル単冠修復物(長石セラミック、リューサイト強化型ガラスセラミック、二ケイ酸リチウムセラミック、半透明の酸化ジルコニウム(TZI)、レジンナノセラミック)
最大4ユニットのテンポラリーブリッジ  
アバットメント(TZI、e.max Meso)   ※2
Surgical Guides (CEREC Guides)  
inLab ソフトウェア 4.2   オプション
クラウンコーピング、ブリッジフレームワーク、バー、アタッチメント、テレスコープ、マルチレイヤー、スタックミリング   オプション
最大12ユニットのフレームワーク    
4モーター    

* Additional processing options available in early 2014.

※2 inLabソフトウェアが必要です

 

マニュアル

マニュアルはテクニカルインフォメーションに記載されています

開く