ORTHOPHOS XG 3D. 世界でもっとも人気のあるX線システムに3Dモデルが登場しました

直径8×高さ8㎝で160μmの高精細な画像を提供します。ORTHOPHOS XG 3Dは、たった1回のスキャンで全顎の撮影が可能なため日常診療のルーティンワークの効率化を促します。適度な大きさの撮影範囲(直径8×高さ8㎝)により、一画面で広い診断領域を観察することができ、日常診断の様々な診査・診断に使用することができます。また、スティッチングや複数のスキャンを行う必要もありません。迅速な診断と低被ばくを同時に実現するのがシロナのORTHOPHOS XG 3Dです。

直径5×高さ5.5㎝の100μm解像度での撮影モードが追加されました。3D撮影モジュールでもその低被ばく線量は確保されています。ORTHOPHOS XG 3Dのパノラマやセファロプログラム2Dモジュールで撮影した画像は、ほとんどの診断場面でも十分な情報を提供できる高精細な画像です。

  • 2つの撮影範囲と診断の効率化
  • 高解像度(160/100 µm)
  • 自動でパノラマと3Dセンサーを切り替え
  • パノラマ撮影時に適正なポジショニングを自動的に行うオクルーザルバイトブロック
  • 追加でセフアームを取付可能
  • 自動でパノラマと3Dセンサーを切り替え
  • パノラマ撮影時に適正なポジショニングを自動的に行うオクルーザルバイトブロック
  • シンプルで直感的なセッティングを可能にするEasyPad



Highlights

マニュアル

マニュアルはテクニカルインフォメーションに記載されています

開く